ニキビの基礎知識。ニキビ跡や種類など

思春期には誰にでもニキビが出来ますよね。またニキビが!もうやだ!と嘆いていても何も状況は変わりませんね。何事も知識があればどうにでもなります。というわけで、ニキビの基礎知識について解説していきます。

●ニキビはなぜできるのか?原因を追求

ニキビが発生する原因は皮脂だとかアクネ菌が絡んでるということは知っている方が多いと思いますが、詳しく知っている方はそんなに多くないと思います。

まず、ニキビが発生するには皮脂・アクネ菌・毛穴が必要になります。皮脂はご存知の通り肌の脂。アクネ菌は一見危なそうに見えますが肌に常駐している普段は害のない菌です。

毛穴は普通の毛穴ですね。まず、思春期のホルモンバランスの乱れによって皮脂が過剰に分泌されて毛穴に皮脂が詰まります。
この時点では白ニキビと呼ばれます。皮脂が毛穴からはみ出し風化して黒くなると黒ニキビになります。この状態だと炎症は起こっていません。

炎症の原因はアクネ菌が関わっています。
アクネ菌は皮脂が詰まった毛穴が好きなのでそこに集まります。すると、アクネ菌は皮脂を分解し始めます。それだけなら良いのですが、皮脂が分解されると炎症を起こしてしまう物質になってしまうので炎症を起こしてしまうのです。

●ニキビの種類

上でも少し触れましたが、ニキビには種類があります。
毛穴に皮脂が詰まっているだけの白ニキビと黒ニキビ、白ニキビが炎症を起こした物が赤ニキビ、赤ニキビが悪化して皮脂と膿が溜まった物が黄ニキビ。黄ニキビが悪化して皮脂と膿と血が混じった紫ニキビと、5種類あります。

赤ニキビまではスキンケアですぐに治りますが、間違ったスキンケアや放置していると黄ニキビとなり、ニキビを潰したりして菌が入り込むと紫ニキビとなります。
黄と紫ニキビは確実にニキビ跡が残ってしまうので、皮膚科に行くことをお勧めします。

●ニキビ跡の種類

ニキビ同様、ニキビ跡にも種類があります。赤み・色素沈着・クレーター・しこりと4種類あります。赤みはニキビになるとほぼ確実にできます。まず、体はニキビが出来ると様々な事を行いニキビを治そうとします。

その中の一つに、ニキビの周りに毛細血管を作るいうものがあります。これが赤みの原因となりますが、それだけでは赤みはそこまで目立ちません。実は、ニキビが出来た後の肌は薄いのです。そのため、赤みが余計に目立ってしまうのですね。

色素沈着はニキビによる肌の刺激によりメラノサイトがメラニンに「肌を守れ」と指令を出すことによりメラニンが活性化。その結果メラニン色素が肌に沈着してしまうのです。

クレーターは激しい炎症により肌内部のコラーゲンまで破壊してしまうので、皮膚を修復できなくなり凸凹肌になってしまいます。

しこりは、激しい肌の炎症により化膿した肌を治そうと体がコラーゲンを作り過ぎてしまってしこりになってしまいます。このしこりがやけどみたいにミミズ腫れみたいになる方もいます。このようなことになりたくなければ皮膚科にいった方がいいですよ。

また、ニキビ跡は赤み以外は放っておいても治りませんし、自力で治すことはとても難しいです。なので、気になるのであれば皮膚科で治療してもらいましょう。

●ニキビのできる箇所・部位

ニキビができて困るのは、大抵が顔ですがその箇所も様々。
口やアゴ周り、オデコや鼻のTゾーン、頬に出来やすいタイプなど顔と一言で言っても様々な箇所にできます。場所が違うのは、人によって顔の箇所の皮脂の分泌量が違う為です。

また口周辺やアゴ周りは、新陳代謝が促進されにくい箇所なので、一度ニキビができると中々治らないことが特徴です。

また、ニキビができるのは顔だけでなく体の部位にもできます。
例えば、背中やお尻、胸元などあらゆる部位にできます。それらも汗をかきやすかったり、皮脂の分泌量が多い場所にできます。

体の部位にできるニキビは、顔に使う洗顔では改善できないので、専用のスキンケアを使用する必要があります。例えば、背中であるならば背中ニキビ専用のスキンケアなど、お尻ニキビには専用のスキンケアなどを使用するとより効果的でしょう。背中ニキビでおすすめのスキンケアはこちら⇒http://www.frogyellowart.net/

顔の箇所、体のどこの部位にニキビができても、基本は保湿して肌に栄養を与えること、新陳代謝を活発にして溜まった古い角質などを摂る除く必要があります。

またビタミンなどを普段の食事で摂ることや、たっぷりの睡眠を摂ることなど生活習慣の見直しも大切です。

ニキビ対策と意外なNG行為

女性にとってニキビは大きな悩みの種のひとつです。実際にドラッグストアなどではニキビ対策の洗顔料やグッズが多数販売されています。

しかし実は、ニキビ対策によいと思っている行為が逆効果になっていることもあるのです。そこでニキビができる原因、増殖する原因を知ったうえで、正しい予防法に取り組めるようご紹介したいと思います。

そもそもニキビは思春期によるホルモンバランスの乱れから起こると言われています。思春期には皮脂の分泌が促進され、それにより皮膚の常在菌が繁殖するのです。

普段から皮膚には常在菌と言って有害ではない菌がいるのですが、これがあまりに増殖するとで毛穴に炎症が起きてしまいます。その結果毛穴に膿がたまったり、炎症が波及したりして、白ニキビや赤ニキビが顔に広がります。
つまり肌を清潔に保つことがニキビの増殖を抑えることにつながるのです。

菌の増殖を抑えるのにおすすめなのは、ニキビ対策用の洗顔料や、固形の薬用石鹸です。これらはドラックストアや薬局でも販売されており、比較的安価で手に入れることができます。

ここでポイントとなるのが洗顔の方法です。菌の繁殖を抑えたいからと、ごしごしと顔を洗ってはいけません。なぜならニキビは刺激があると周りに広がってしまうからです。

たとえばニキビを一つか二つつぶしただけで、余計にニキビが増えて顔中に広がってしまったという経験はみなさんあるのではないでしょうか。

ニキビはそもそも顔表面の菌の増殖で毛穴に炎症が起こることで出きますが、いったんそのような状態になってしまうと、少しの刺激だけでも波及するかのようにニキビが広がってしまいます。

顏を清潔に保っていたいという思いが強くても、決してごしごしと洗ってはいけません。しっかり泡を立てて、泡で包み込むようにして優しく洗います。

ニキビが気になる人の中には、洗顔の際にブラシを使用している人がいるかもしれませんが、実はこれが逆効果です。CMなどでも効果があるかのように宣伝されていますが、実際にはニキビに刺激を与えてしまい余計ニキビが増えてしまいます。

もしブラシを使用しているのにニキビが減らないと悩んでいる人は、一度使用をやめてみることをおすすめします。

また洗顔の頻度ですが、一日2回朝と夜に行うようにするのが良いとされています。なぜなら顔の皮脂は落とせば落とすほど分泌量が増えてしまうからです。

適度に分泌量を保ちながら、顔の清潔を保つためには一日2回に押さえておくことが大切です。洗顔のしすぎによる皮脂の過分泌も、逆効果になってしまうので気を付けてください。

ニキビに効果!はちみつの実力派クレンジング

30代を越えたあたりから元々の敏感肌がさらに過敏になってしまい、ほんのちょっとしたことでも刺激に感じて、肌荒れ・大人ニキビを引き起こす面倒な肌質になってしまいました。

それまでも、肌に優しい無添加・低刺激の自然派化粧品などを選んで使っていたのですが、それすらしみたりするようになってしまったのです。

そんな私ですので、最近はごくよりぬいた「精鋭」の基礎化粧品を使用し、メイクはほとんどしないようになりました。在宅の仕事をしているのでさほど人と会ったり、オフィシャルな装いをする機会がないのが幸いしています。

ですが、すっぴんに近い状態で過ごしているので、一見して「だらしない」ような印象に見えないかと心配になります。だからこそ、できるだけ肌荒れやニキビを作らないよう、そのもとを避ける努力をしています。

日々の生活習慣や食事、運動・ストレスと言った要因にはもちろん、かなり気を配っています。
その上で、こまめにぬるま湯洗顔と軽い保湿を繰り返すことで、肌を常に清潔にし、余計な皮脂や汗が毛穴などにたまらないよう心掛けています。(この点、すぐに洗えるのでノーメイク習慣も役に立ちます。)

そして、肌に負担を与えずかつしっかりと洗浄できる良い洗顔料はないか、と探しに探してたどり着いたのが、フランスの自然派化粧品メーカーNUXE(ニュクス)の、「レーブドミエル フェイシャル クレンジング ジェル」という製品です。

はちみつの夢、というシリーズ名通りに、殺菌力に優れた蜂蜜を使用しており、かつヒマワリ油・ココナツの力で優しく洗い上げるクレンジングです。自然成分独特の、お香のような香りがありますが、敏感肌の私でも全く問題なく使える優しい製品です。

このクレンジングを使用して数週間で、「毛穴はしっかりきれいに目立たなくなってきているのに、ニキビがほとんど出てこない!」という驚きの結果が現れました。私は特に、小鼻周辺の毛穴の黒ずみ、そのつまりからできるニキビにも悩んでいたのですが、これが消失してしまいました。

毛穴が本当に目立たないので、もうあえてスクラブやパックをする必要もないくらいです。本当に頼りになるクレンジングなので、もう手放せません。
これを使用して、どんどんすっぴん肌そのものを元気に、きれいにしていこう!という希望が持てました。

また、私自身はメイクをしないのですが、「レーブドミエル フェイシャル クレンジング ジェル」はこれ一本でメイク落とし・洗顔ができ、泡立てる必要もありません。
使用後はきれいに洗い流すだけでOKですので、忙しい方にも心からおススメできる、大人ニキビ対策の逸品です!

フェイスラインにできるニキビの原因って何?

年齢を重ねるごとにニキビの位置が下がってきていると感じたことはありませんか?思春期ニキビはおでこなど顔の上にできやすいのに対し、大人ニキビはフェイスラインにできやすくなります。
これは皮脂の分泌量が大きく関係しています。

思春期の時には皮脂の分泌が盛んで、皮脂腺の多いおでこにできやすいですが、年齢と共に皮脂の分泌量は減少していきます。これは大人ニキビがカサカサすることでもわかると思います。

では、フェイスラインにできる大人ニキビは何が原因でできるのでしょうか。

あごの周りは手で触ったりと、雑菌がつきやすい場所です。その雑菌が繁殖することでニキビができやすくなります。ニキビができるのを防ぐ大前提は肌を清潔に保つことです。

フェイスタイルも雑菌が増えやすいので、毎回使うごとに洗ったりと基本的なことですが気を付ける必要があります。

さらに、クレンジングや洗顔料の洗い残しでもニキビができます。頬などの広い面に比べて、顎は面積が狭く見落としがちな場所です。

実際に手で顔を覆った時に顎は手がフィットしにくいので洗い残しが多いです。いくらクレンジングに気を遣っていても、しっかり落とさなければ逆効果です。

肌に残ったままだとクレンジングが雑菌と合わさり、荒れてきてしまいます。そうならないためにもクレンジング、洗顔料はしっかりと落とすことが重要です。

強くこすりすぎても摩擦が起こってニキビの原因となるので気を付けましょう。

先ほど、思春期ニキビと大人ニキビの大きな違いの一つは皮脂量の違いだと記述しました。この二種類のニキビを同じケアで治そうとしてもなかなか治りません。

思春期ニキビは皮脂分泌が多いのでスキンコンディショナーといったみずみずしいスキンケアを使うと効果的ですが、大人ニキビは乾燥しているため、さっぱりとしたケアだと合わないことがあります。

大人ニキビは肌の内側が乾燥するインナードライが起きやすいです。なので保湿力の高いスキンケアで肌にしっかりと潤いを持たせてあげる必要があります。

アクネケアもいいですが、保湿力が高いとうたっているスキンケアを使い、乳液までで終わっている方はクリームまで取り入れてみましょう。

そうすることで乾燥を防ぐことができ、ニキビのカサつきが気になりにくくなります。
さらに日焼け止めが肌に合わなくて紫外線に当たって肌が荒れるなど、フェイスラインのニキビには色々な原因がありますが、まずは自分の肌がどんなタイプなのかということを見極めることが大切です。

敏感肌の方のニキビ対策に必要なこと

肌が非常に敏感で外部からの刺激などですぐにニキビが出来てしまう場合、その敏感肌の状態を改善しない限りにきびを防止することは出来ないと言えます。

敏感肌になってしまう原因として最も多いのが肌のバリア機能が大幅に低下してしまっているためで、バリア機能が低下してしまう原因を作り出すのが肌の乾燥となります。

通常肌の状態が正常であれば肌表面のバリア機能も正しく機能していますので、外部からの刺激や雑菌などに対してもバリアにより肌への影響は防がれることになります。

バリア機能を維持し続けるために必要なのが肌内部の水分量の維持と、保湿による肌のケアで、水分量を維持するためには保水を正しくおこなわなければいけませんし、そのためには保湿をいかにして維持するかが重要となってきます。

保水により肌内部に水分があることで初めて肌はハリをもち表面の角質も隙間無く表面を埋めることで出来バリアとしての役割を果たしてくれます。

しかし水分が蒸発していくと角質に隙間が出来てしまい、その隙間から雑菌などが進入しニキビを作ることになってしまうわけです。

正しく保湿が出来ていれば肌内部の水分が蒸発することはありませんが、水分補給だけを行い保湿ケアを行っていない場合、簡単に言うと穴の開いた容器に水を貯めているようなものですので、いくら肌に水分補給をしてもどんどん水分は逃げていくことになります。

そのため穴を埋める効果があるのが保湿ケアというケアで、乳液などで肌表面を覆うことで初めて水分を肌内部にとどめることが出来ます。

ニキビが気になるので頻繁に洗顔を行っている場合、この保水のための油分が著しく不足することになり、洗顔がむしろニキビを作り出す原因となってしまっている可能性もあります。

そうなってしまうと常に肌のバリア機能は無いに等しい状態ですので、敏感肌になってしまい些細な刺激がニキビを作り出す原因となるわけです。

ニキビ予防には確かに洗顔は必要不可欠ではありますが、洗顔の方法や使用している洗顔料の種類によっても肌を逆に傷めることにもなりますし、敏感肌だと感じたときにはおそらく肌ケアが適切ではないということになります。

ニキビが気になる場合にはまず肌の状態と肌ケアが適切かどうかを確認して、肌に良い洗顔料を使用するとか、洗顔の方法自体を見直すなどの対策を講じる必要があるでしょう。
正しいケアを行えば敏感肌もニキビも防ぐことが出来ます。