敏感肌の方のニキビ対策に必要なこと

肌が非常に敏感で外部からの刺激などですぐにニキビが出来てしまう場合、その敏感肌の状態を改善しない限りにきびを防止することは出来ないと言えます。

敏感肌になってしまう原因として最も多いのが肌のバリア機能が大幅に低下してしまっているためで、バリア機能が低下してしまう原因を作り出すのが肌の乾燥となります。

通常肌の状態が正常であれば肌表面のバリア機能も正しく機能していますので、外部からの刺激や雑菌などに対してもバリアにより肌への影響は防がれることになります。

バリア機能を維持し続けるために必要なのが肌内部の水分量の維持と、保湿による肌のケアで、水分量を維持するためには保水を正しくおこなわなければいけませんし、そのためには保湿をいかにして維持するかが重要となってきます。

保水により肌内部に水分があることで初めて肌はハリをもち表面の角質も隙間無く表面を埋めることで出来バリアとしての役割を果たしてくれます。

しかし水分が蒸発していくと角質に隙間が出来てしまい、その隙間から雑菌などが進入しニキビを作ることになってしまうわけです。

正しく保湿が出来ていれば肌内部の水分が蒸発することはありませんが、水分補給だけを行い保湿ケアを行っていない場合、簡単に言うと穴の開いた容器に水を貯めているようなものですので、いくら肌に水分補給をしてもどんどん水分は逃げていくことになります。

そのため穴を埋める効果があるのが保湿ケアというケアで、乳液などで肌表面を覆うことで初めて水分を肌内部にとどめることが出来ます。

ニキビが気になるので頻繁に洗顔を行っている場合、この保水のための油分が著しく不足することになり、洗顔がむしろニキビを作り出す原因となってしまっている可能性もあります。

そうなってしまうと常に肌のバリア機能は無いに等しい状態ですので、敏感肌になってしまい些細な刺激がニキビを作り出す原因となるわけです。

ニキビ予防には確かに洗顔は必要不可欠ではありますが、洗顔の方法や使用している洗顔料の種類によっても肌を逆に傷めることにもなりますし、敏感肌だと感じたときにはおそらく肌ケアが適切ではないということになります。

ニキビが気になる場合にはまず肌の状態と肌ケアが適切かどうかを確認して、肌に良い洗顔料を使用するとか、洗顔の方法自体を見直すなどの対策を講じる必要があるでしょう。
正しいケアを行えば敏感肌もニキビも防ぐことが出来ます。