フェイスラインにできるニキビの原因って何?

年齢を重ねるごとにニキビの位置が下がってきていると感じたことはありませんか?思春期ニキビはおでこなど顔の上にできやすいのに対し、大人ニキビはフェイスラインにできやすくなります。
これは皮脂の分泌量が大きく関係しています。

思春期の時には皮脂の分泌が盛んで、皮脂腺の多いおでこにできやすいですが、年齢と共に皮脂の分泌量は減少していきます。これは大人ニキビがカサカサすることでもわかると思います。

では、フェイスラインにできる大人ニキビは何が原因でできるのでしょうか。

あごの周りは手で触ったりと、雑菌がつきやすい場所です。その雑菌が繁殖することでニキビができやすくなります。ニキビができるのを防ぐ大前提は肌を清潔に保つことです。

フェイスタイルも雑菌が増えやすいので、毎回使うごとに洗ったりと基本的なことですが気を付ける必要があります。

さらに、クレンジングや洗顔料の洗い残しでもニキビができます。頬などの広い面に比べて、顎は面積が狭く見落としがちな場所です。

実際に手で顔を覆った時に顎は手がフィットしにくいので洗い残しが多いです。いくらクレンジングに気を遣っていても、しっかり落とさなければ逆効果です。

肌に残ったままだとクレンジングが雑菌と合わさり、荒れてきてしまいます。そうならないためにもクレンジング、洗顔料はしっかりと落とすことが重要です。

強くこすりすぎても摩擦が起こってニキビの原因となるので気を付けましょう。

先ほど、思春期ニキビと大人ニキビの大きな違いの一つは皮脂量の違いだと記述しました。この二種類のニキビを同じケアで治そうとしてもなかなか治りません。

思春期ニキビは皮脂分泌が多いのでスキンコンディショナーといったみずみずしいスキンケアを使うと効果的ですが、大人ニキビは乾燥しているため、さっぱりとしたケアだと合わないことがあります。

大人ニキビは肌の内側が乾燥するインナードライが起きやすいです。なので保湿力の高いスキンケアで肌にしっかりと潤いを持たせてあげる必要があります。

アクネケアもいいですが、保湿力が高いとうたっているスキンケアを使い、乳液までで終わっている方はクリームまで取り入れてみましょう。

そうすることで乾燥を防ぐことができ、ニキビのカサつきが気になりにくくなります。
さらに日焼け止めが肌に合わなくて紫外線に当たって肌が荒れるなど、フェイスラインのニキビには色々な原因がありますが、まずは自分の肌がどんなタイプなのかということを見極めることが大切です。